teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

テンカンテン

今年はおみくじを引いてない。

つっても生涯で引いたみくじは10を超えないが。

 

というのも、昨年末。「来年は年初に対面で占ってもらおう」と突然思い立ち、大晦日の日に予約を入れ、今日がその生まれて初めての占い師さんを訪ねる日だった。

占いというより、ヒーラーに近い。

自分の興味がたまたまオラクルカードに行きついたこともあり、カードで見てもらった。

まず思ったのは、答えって出てるな、ということ。

 

それをはじめて人からいわれることで、行動に移さなきゃと思いだす。

もちろん、あっと気づかされることもいくつかあった。

たしかにそこ見直さなきゃな、と。

だけどそれも、過去に一度自分も考えた、使ってみた手段ではあった。ただその方法への信用度が下がって頭に残っていなかっただけで。

決めつけをやめること。たぶんこの人はこういう人だから、本心は話せないな、とかね。まあ本心は話さないけどね。←

 

んで、はじめに引いたカードは日本の神託カードというやつの「変容を促す蝶」だった。

さなぎから蝶へと変貌を遂げるときだと。

これまでの服を脱ぎすて、おしゃれをして自分の好きな場所へと赴きなさいという暗示らしい。

これね、言われる前からそうしたことをしようとだらだらと探りはじめた矢先だったから、ちょっと本腰入れてみるか。という気になった。(とはいえまだ実行に移せていない。だって仕事でメンタル削られすぎて…)

来週再来週あたりに開催される読書会があれば参加してみようと思う。

あのね、やっぱり人間は言いたいこと言えてないと内部で爆発するんすよ。たとえそれがタブーであったり、道徳的にどうなのか、といったことであっても。

おれはたぶんそういう世間的にはあまり馴染みのない考え方をしてしまうゆえ、あえて敵を増やしたくないというのもあって、無難なことしか言わない。そしてそれ以外にはけ口があるのなら、それでいいんだろうけど、俺の場合そこで飲み込むことはもう二度と口にされない、考えられる機会もなくなってしまうことなので、知らないうちに溜まりに溜まってたわけだ。

言いたいこと。だいたいおかしいよね。言わなきゃ考えって進展しないし、言ってはじめて、自分とは違う考え方の持ち主に出会って、そういう見方もあるのか、と知ったりしていくわけで。

 

よくネットとかで散見されるのが、「すこしは勉強してから言え」というやつ。

これって、まったく成長に対して不寛容な考え方だ。

間違えなきゃわからないことなんてたくさんある。その間違えをするな、というのは「大人」を名乗りたいだけの優等生のガキだ。

 

そうやって頭から押さえつけて、対話するつもりもない人間のせいで学ぶことができたかもしれない人たちの思考を停滞させる。無自覚だろうがお前は罪深いことをしている。

 

脱線した。

 

んで

 

とかくエネルギーが溢れているといわれた。サードアイが開いてるとも。

空気が読めすぎるばかりに、いらない情報を受けとってしまうんだと。めっちゃある。つーかそればっかり。

 

エネルギーを貯めるのはうまいが、出すのが苦手なんだと。

そして自分のぶんのパンがあって、目の前にパンがない人がいたら、分けるんじゃなくて、全部あげてしまうんだと。それで自分のぶんがなくなって困窮するというね。

もともとの性質がそんなんなのに、さらに感情でもそんなふうだから与えすぎて胸が空っぽになってるとも。

 

ぐうの音も出ない。

自分に謝りたいよ。みんなが自分を無下にする。なぜだ。といつも悩んでいたけど。それは自分が自分に対して行っていたからで。

人は、AさんがAさん自身に対する扱いと同じ扱いをする。

 自分にやさしくできなくて、人からのやさしさを受け取ることはできないのだ。

わかっちゃいるけど。なんだよなー

 

 

 

あとグラウディング。足ってやっぱだいじね。足洗うのとラジオ体操ね。ん?足を洗う?日本語おもろいなあ。

 

 心から体をケアするだけでなく、

逆のアプローチもありなのだ。見落としてた。

 

 

なんで日本ってこう、思想を語れないんですかね、

 

なんも特別なことじゃないのに

 

人と違うってことが

歓迎されるものに関してはいいけど

 

お前は違う、特別なんかじゃない、って叩かれる。

 

結局、歳をとってまとった鎧を脱ぐに脱げなくて、

まわりの足をひっぱることで、取り残されることから逃れてるんだろうな。

 

うわー、人としてあるまじき姿。

きもちわるー

 

若者の未来を奪うことで成り立っていた日本社会。

思想ありきだなと思うたわ

 

思想なんて呼べる代物じゃないがね

 

 

と、いうわけで。おれは言いたいことを言いたい。それは誰かを傷つけるためではなく、よりいい解決法や折衷案を見つけ出すための、対話として、言いたいことを言いたいのだ。

そういう場を見つけたので、勇気はいるが、ぼちぼち参加してみようと思う。

じゃないとまじ死ぬわ。

 

 

乗り越えられない試練はない。

占星術的にはそういうほしらしいので、気楽に、かまえて、生きて、いこう、っと

 

 

 

はあ

 

 

 

 

 

 

 

 

それとあふぉメーション。

サンド

唱える。

 

 

あと、

 

 

 

書き出す。

 

 

 

これね。

 

 

やっぱり

 

 

 

いいらしい

 

 

 

行動

 

 

 

それ自体が

 

 

 

 

 

変容するための

 

 

第一歩なのだと

 

 

 

 

よくわかります。

 

 

 

来月のキセルのライブたのしみ。