teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

思うこと

顔の優劣を前面に押し出した番組を見ているときの姉が、決まってブスの肩を持つのは弟としてつらいものがある。

 

自殺予防が叫ばれている時期に、こうした差別を助長する番組を放送するなんてさすがとしかいいようがない。

 

マスコメディアンめ。

 

テレビに出演するお笑い芸人をしんから好きになれないのは、こうしたことが理由だ。

「それが芸っちゅうもんじゃ」「相手はいやと思てへん」「仕事やからのお」

 

じゃかしいわ、ぼけ。

 

おそらく大多数の芸人が徒党を組んでこういった反論をするであろう。

 

結局は無関係ですもんね、銭儲けできれば。

いじめられている子が死のうが関係ないですもんねー

 

ということを考えてしまうからおれは脱却できんのだ。

でも、仕方がないじゃないか。

 

それを認めてしまったら、誰がその子らを守るのよ

別に俺が直接的にその子らを助けれるわけじゃないけどさ、

そういう風潮を鵜呑みにしてる大人ばっかりだったらますます世の中腐っていくわけでしょ?

精神的には毒だけど、なにか意味があると思いたい。

と、実家の母親ともうまく付き合えない青二才がいうのでした。

 

いやー、これも自己欺瞞なのかなーというのも考えるよねー

 

くー、というのも肉体的苦痛を伴うからこうした考えを無視できない、ってのはあるかも。

そう。つまりこれは筋肉をつければある程度解消されてしまうのだと思う。

でも、でもでもでもでもでも。それでいいのか。

 

とりあえず彼女ほしい。