teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

愛情日誌 / 夏石鈴子

夏石鈴子氏の「愛情日誌」を読んだ。

印象に残った部分やなんども取り出して読みたい部分の抜粋などを書き散らしていく。記録のため。

 

この人の本を読むのは「バイブを買いに」いらい二冊目だ。

バイブが処女作だったようで、それとは知らずにネットのレビューなどを読んでも面白そうだったので買ったんだけど、短編で構成されていて、どれも楽しく読めた。どれの話も恋愛にまつわるものなんだけど、どれもリアリティがあって、現実にぜったいいるよなあこういう男女。というような、それでいてユーモアもあってすごく印象に残った作品だった。そのときから受けてた印象として、すごく視点が冷静だなあというか、視点の冷静さというのもそうなんだけど、それをそのまま描くこと、っていがいと難しい。そこには自分の経験であったり嗜好であったり気付かないうちに主観フィルターを通した文体になることが往々にしてある。とくに女性の作家にはこういうタイプが多いかもしれない。まあ、それが個性、として重宝され作品の味を決定するスパイスになっているんだろうけど。

にもかかわらず、バイブでは、夏石氏の書く物語ではそういった主観が鼻につくほどには気にならないからとてもいいと思った。読んだのは半年以上前だからあの頃のおれは、という意味でだけど。いまはわからない。本も人に貸しちゃってまだ却ってきてないし。

この機会に読み直したいなあ。

 

 

んで、今回読んだのは恋愛ものから一転、夫婦の、家族の、物語となっている。1歳と3歳の娘と息子、そして旦那。妻である女性の目線で描かれている。これは当時の夏石氏のリアルともつながっているようで、ある意味エッセイっぽいのかなと。

話の中身としては、夫婦の性生活のこと、子供たちとの日常、主人公の仕事のこと、そんなこんなが描かれている。この旦那というのがそこそこ売れてる映画監督というひとで、収入が安定しているわけではないし、世間からしてみると、いっぷう変わった人。だから主人公は働く女性であり、家庭を支えているのはこの人なのだ。当時としてはきっと働く女性、収入の安定しない夫という構図は風当たりが強かったんだろうな、ということが文面を読んでいると窺える。(なんかやけに攻撃的だなあという文章がちらほらw)

じっさいに、夏石氏の旦那さんは映画監督で、子供も二人いて、という家族構成らしいからなにか思うところがあったんだろう。

 

で読み進めてるうちに、なんか、この女性、強くなったな、という印象を受けたw

まあもともとそんな気質であろうことはバイブでも感じられたけど、母親になったのだなというすごくそのままな感想をもった。

 

失礼を承知でというか、そんな前置きをすることが失礼になるかもしれないのでここらへんで失礼を承知していうと、こういう強い女性の振る舞いとか生き方は好きだけど、恋愛対象にはならないな、ということを好き勝手考えましたw

まあ、そもそもおれはこういった女性に相手にされないなというのも想像がつく。

 

とくに最後の「夏の力道山」では強い女性がフルパワーで発散されており、おれはこのひとに嫌われるだろうなwと思うと同時にみんながあなたみたいになれるわけではないのだよ!と心の中で反論したくなったw

あとちょっと登場人物のなかにオーバーすぎやしないか?という役割を担わされているかわいそうなキャラが何人か出てきたのはなんかちょっとな、と思った。

でもまあ、あれなのかな、敵を作らないといけないのかなと。

家族っていうコミュニティを維持するためには。

スタンスとしてはどちらもありでしょうね。という体裁を言葉でも発していながら、あれでもけっこうディスってね?みたいな。部分が見受けられた。

まあ、できるひとにとって、イライラしちゃうのかもね。

怠惰だけでは説明のつかない人間の限定された行動って、あると思うんです。

 

いやいや、それにしても今回の読書は女性の視点というのをまた垣間見ることができたし、そういう些細なことが下手をすれば不和につながっていくんだなあということを具体例として知った。

 

子どもって、毒を出しているのではないか。毒は、おしりの周りと、口の中から出る。その毒を吸うと、大人はどんどん原始人になり、セックスをしたくなくなってしまうのだ。

オムツを替えてやるときや、オムツが取れても、トイレの後、おしりを拭いてやるときに、その毒は撒かれる。無防備なおしりに、親が欲情しないように、子どもは身を守っているのだ。毒のおかげで、ちんちんやおしりを見ても、全くいやらしい気持ちにならない。 

 これはなるほどなあと思った一節。笑

 

「あのさ、地球にUFOが来てるじゃない。でも来てるばっかりで、全然宇宙人は地球を乗っ取りに来ないね」

「まあね」明彦は答える。

「あれはさ、よく調べてみたら、地球のことなんか欲しくなくなったんだろうね」

「そうかもね」明彦は笑う。

「いいけどさ、どうして今そんな話するの?」

「だってもう、わたしには、そういう話できるのは、あなたしかいないんだもん。事務所では仕事の話だけだし、保育園のお母さんにこういう話はできないもん。だからあなたに言いたいの」

 これもなんだか頷ける話。

 

わたしの正体も知らないで、平気で眠り込んでいる二人の子どもを見ると、かわいそうでもあるし、あわれな気もする。 

 ね。いつも世話をしてくれている母親っていうだけで絶対な信頼を寄せている子ども。

幼いころの親と子の認知の隔たりってなんか、すごいな、こわいなっておもう。

 

 本当は悪いことだけれど、明彦の体に腕をまわしていると、「慣れること」と「飽きること」と「馴染むこと」の違いを、やっぱり思わずにはいられない。もちろん、わたしは明彦のことは好きだし、こうして抱き合ったり、気持ち良さを与えられたり与えたりすることも、好きだ。でも、この人と抱き合って驚くようなこと、嬉しさでドキドキするようなことは、もうないんだなと思う。ずっと知っていることばっかりがこれからも続いていくんだ。その事実が、わたしから元気を奪う。無口にさせる。何も別にだめになってはいないのに、「もうだめだ」という気持ちにさせる。

 避けては通れない問題ですよね。だから好きな人との初めての情事はなるべく先延ばしにしたいwピークはどうせ短いスパンなのだから…。このことがわかっていて、結婚して子どもを作りたいとまで思える日が、おれにはくるのだろうか…。w

触れてみたなら すぐに終わって きっともう届かないから

キセルのそんな一節がふと頭をよぎった。

 

家の中の仕事は、だいたいが後始末だ。汚れた物を洗って元に戻すこと。その繰り返し。そういえばお風呂に入ることだって、何かを作りあげているんじゃない、後始末だもんなあと思うと、おかしいものだ。

掃除洗濯…エンドレスリピート…

 

前略…そういうところも確かにある。でも、大きい声では言えないけれど、子どもと同じで、日々の暮らしに必要な技術は繰り返し「しつけ」ていけば、ある一定の水準に達する。 

 そうなんです。これは男女ともにいえることだと思うのですが、うまく調教すれば多少は自分に寄せることが可能なのです。それは趣味であったり笑いのセンスであったり感じ方の一部であったり。経験したことはないけど、生活一般のことでもそれがあてはまるんだろうな、と。

 

「あのね、わたしのわずかな経験から言うと、だいたい男なんて、ややこしいことのある女って嫌みたいよ。大抵、みんな器が小さくて、自分が理解できることしか理解しないの。ちょっとでも変わったことがあると、さーっと小さな蟹みたいにどこかに行っちゃうのよ。だから見せなくてもいい物や、知らせないで済む事柄は、きっちり隠しておかなくちゃ」 

 この本での一番の収穫と言っていいかもしれない。笑

男の本質を突きすぎていて、ぐうの音も出ませぬ。

若いうちは物好きもいて、メンヘラでもいいよという男はおるかもしれぬ。だがな、歳をとれば、だんだんめんどーくさいという思考になってくるものよ。

馬鹿っぽい女、女に嫌われる女がいつの時代も男にちやほやされるのはそのためなのです。

「けっ、馬鹿っぽい女性なんて、おれはごめんだね」

そんな男性こそじつは馬鹿っぽい女が最終的に好きになることってあるらしいです。

 

ただし、それで男に大切にされるかというとまた別の話でして、

一番理想的なのは、ただ馬鹿っぽいのではなく、それをひとつの術として使ってるってことを自覚しつつそういう甘えた振る舞いをできる人こそ男性は大切にしてくれるような気がします。ようはコントロールしてやってください。しょせん、蟹なんで。

 

 

 

一時間半。この記事に費やした時間。

副業でもはじめようかな。