teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

un jun known

些細なことで壊されていく夢が現実だと

君の寝息が告げる

 

それでも僕はいま

誰かが味わった幸福の蜜を 静かに啜っている

永遠に賭けてしまいたくなる気持ちも わからなくもない

 

君を抱いた 君に触れた

ほんの数秒前のこと

その温もりを僕は うまく思い出せない

 

去り行く景色に未練はないと

そう唱えているけど

見上げた夜空 月とJupiter

明日にはもう 遠ざかっているだろう なんて

 

歪な僕らも さ迷える星の子

誰かに見つけてもらえるといい

そんなお姫様みたいなこと

醒めたはずの頭で 考えている

 

暗闇を不機嫌で塗りつぶしてしまわぬよう 星は瞬いていた

その光で 百年と持たない僕らの永遠も 照らしてみせて