teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

メッセージ

メッセージという映画を見た

 

劇場でこういう映画を見たのは意外にも初めてだった

 

こういう映画は好きだから

わりかしチェックしてはいるつもりなんだけど、

 

深遠なSF映画というか

SFと少しのオカルトと現実の世界の融合というか

 

まあたしかに映画慣れしてないと、あるいは宇宙について思いめぐらせたりしたことがない人が見ると、よくわからん映画に分類されそうなマニア向けの映画だった笑

 

隣のおじさんいびきかいて寝てたし…

 

 

予想と違って公開初日の客の入りはよく、カップルも半分くらいはいたのには驚いた

 

おれとしてはインターステラー系の映画だと期待していたので、カップルで見るには退屈じゃないか?と

 

たぶん宣伝効果だろな、「ばかうけ」とか

日本向け宣伝動画とか(中国の……ね)

 

監督がボケたのは多大なるリップサービスであったことは映画の内容を見れば一瞬でわかる

 

笑いの余地はいっさいない

 

 

映画館全体が「キョトン」とした雰囲気に包まれていたのは傑作だった

 

そして誰ひとり結末に泣かないというのも、ね

 

無慈悲な生物によって、人類のために己の人生と運命を強制的に犠牲にされ、歓びも哀しみも既知のものとして生きていかねばならないという想像を絶する苦悩は

 

余命いくばくかの彼女を、全力で支えるイケメン彼氏の映画よりずっと深刻なんだけどな

 

 

監督はほくそ笑んでいることでしょう

そんなアイロニカルな面も含めてとても好きな映画になった

 

拾えなかった部分もあるし雪ダルマ式映画だし

こういう映画を劇場で見れることってそうそうない気がするので

また来週見に行く