teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

笑いのツボが浅いんですぅーっていう女の子ひとり笑わせられなかったよ

人肌恋しくなって数ヵ月が過ぎようとしている今日この頃、

 

ワタシはとある出会い系、というとヤリモクと思われがちだが、フェイスブック経由でアカウントを作らなくてはいけない上、有料会員に登録しなければやりとりができないという、けっこうマジな出会い系サイトに登録した。

 

年齢認証さえクリアすればだれでも利用できる出会い系サイトなどとは違って、

(まあ、男性にどういった人がいるのかは見れないのでなんともだが)

少なくとも女性にサクラはほとんどいないか、いてもすぐに追放されるようだ。

 

パートナーと呼べるひとを探すべく、一大決心をして登録したわけだが。

 

今回、そのサイトを利用する数ヵ月前から、あらゆる個人ブログなどで評判を調べ、○○歳の非モテ男子を自称するブログ主ですら、自分の意中の女性とお付きあいにまで漕ぎ着けた、というではないか。ならばおれもと鼻息を荒くして挑んだわけだけど。

 

 

 

おれはあることに気付いた

 

 

写真が……ない。

 

 

そこには、「充実」という2文字を絵に描いたようなプロフ写真の数々…

 

あるときは、洒落乙なケーキバイキング店で、あらゆる趣向を凝らされたケェーキを前に、俯きがちな笑顔で舌鼓をうつ、女の子。

 

またあるときは、僕の知らない、でも世間では知られているであろうリゾート地の海を背景に、伸びきった手足が、その心と体の解放感を如実に表現しているレディー。

 

またあるときは、姿見の前に颯爽と立ち、オシャンティーなコーデでキメて、サブ写にはこれまたオシャンティーなカフェーのミールを片手にウインクするガール。

 

またあるときは、振り袖を着た和美人を、さりげなさを漂わせながらアピールするとともに、そのプロフィール欄の充実ぶりに、私の人生とは、、、となにかわからないところで自分と比較してしまう始末。

 

 

そうである。

 

写真が、ないのである。

 

それは女性だから、というだろうか?

否、男性の写真だって髪をセットし、洋服を整え、背景からは風と光が注ぐような白い快適な住まい空間で撮られたものが多いのだ。(多少誇張)

 

 

背景が開けた場所で撮った写真など、7~8年前までに遡らなくてはいけない。

それとて、せいぜい2~3枚である。

 

そしてもっとも致命的なのは、プロフ写真の大半は、他者が存在しているのである。

 

それは写真に映り込んでいる、というわけではない。

 

被写体を撮る、人間がいるのだ。

 

 

ワタシはその人間を探してここにきたようなものであって、その存在がいれば出会い系サイトなどというものに縁はなかったはずなのである。

 

 

まざまざと見せられる現実。

ワタシはいままで、嫉妬や焦燥といった感情とは無縁であったことが、誰にいうわけでもないが、密かな誇りであった。

 

 

動じない、我。

ブレない、我。むふ

 

 

なんということでしょう、

それは単純に、自分が築き上げた同級生との疎遠によって

視界に入ってこなかった、だけなのである。

 

ワタシは嫉妬や焦燥を通り越して、死ぬ算段を考えていた。

 

だがしかし、一応課金したあとだし、やるだけやってみるかとキヲトリなおしたワタシは、とりあえず先々月の忘年会のときに撮られた、なんだかよくわからない集合写真に映った、酒に赤らむ呆けた顔を切り取り、プロフに据えた。

 

 

というかですね、フェイスブックじたいこれを機に初めて登録したわけでありんして、それが、表示されるんすよ!!10人未満て。

 

ワタシの独自調査によると平均して100は軽く越えてる。

人付き合いがあまり多くないひとでさえ、50はいるのだ。

 

 

ワタシは絶句した。

 

 

 

スタートラインが、違いすぎる。

 

 

課金した手前(しかもなんの手違いか3ヶ月プラン)

 

ワタシはワタシはワタシはワタシは

 

来世に期待しようと思いました。

 

おしまい

 

 

 

と、いうのがこれまでのワタシのいつものパターン。

 

ふっ、もうこれ以上落ちるとこがありますかぁー??ってんだべろべろばあーーー。☺

 

 

こうなれば自撮り雰囲気作戦に転換だ、姿見が家にないので、さっそく明日、仕事が片付き次第、ユニクロの試着室へ直行だ!!!愚の骨頂だ!!!いそげ!!