teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

もぐら

もぐら

 

大衆に身を投げ
心を売り飛ばし
主観を偲ばせ
塗りつぶした個性
これだけやって
手に入るのはなけなしの金

すし詰め電車
病院の待ち合い室もこんなんならん

こわい顔した知らん顔のやつが
知らんやつと会って相好を崩す

仕事も生活も穴ぐらみてえ
死ぬよりほかないが
生きるよりほかない

そんなもんだという慰めは
さらにおれを殺したいのか?

ないなりの個性にも生活はある
目に映るか映らないかじゃなくて
見えないものに対する己のなかでのけじめ