teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

オナニー蟻地獄

ぼっちでいることの弊害はたくさんあるのでしょうが、現時点でおれが気づいたデメリットは、成長がない、という点です。あれ、これ前にも言ったような気がする。でも、まあ、いい。

 

成長がない、というのは、刺激がないから焦りがなくなっちまうこと。

どこどこの誰々がもう結婚したらしい、結婚どころか三歳になる息子がいるってよ。

あいつはやり手の経営者になったらしい。あいつ海外でがんばってんだって。知らないの?てな具合の、もし知ってしまったら死にたくなること請け合いの友人知人のニュース。

 

え、おれまだ、きっちり八時間労働の仕事して、定時で家に(実家に)直帰して、部屋で寝転がってスマホして、ぐうたらして、本読んだり、うたたねしたりオナったりして、夕飯ができあがるのを待ってる間に、みんなはどんどん努力して経験を積んで成長してたわけですね。

 

実家とはおそろしい場所だ…

 

本人が自覚なきゃどこまでも自堕落になれて、とくに友達がすくないやつは知らぬ間に同じ世代のやつらはとっくに社会的にも人間的にも成長し、人生ってものを苦楽味わいながら生きていってるわけです。

 

 

…おれがオナっていたあいだに資格取得の勉強。…おれがオナっていたあいだに資格取得。…おれがオナってたあいだに、給料アップ。…おれがオナってたあいだに昇進。…おれがオナってたあいだに連休を友人と満喫。…おれがオナっていたあいだに女性とお食事。…おれがオナっていたあいだに付き合いはじめる。…おれがオナっていたあいだに女性とセックス。…おれがオナっていたあいだに婚姻届提出。…おれがオナっていたあいだに二人目作っちゃおっか。おれがオナっていたあいだに…

 

 

そもそも僕には生きるということがどういうことなのかまだわかっておらぬ。

 

25歳になりました。今月。はい。

 

やばくないっすか?やばいっすう

 

 

いやーーー、ね。

 

いままでさんざかっこつけて生きる意味なんてものを、家賃なし冷暖房完備、風呂あり水道光熱費タダの実家ていう最良物件の快適な一人用の部屋のなかで、悶々と考えてたなんて、ワラエル。

 

おれ、そーとーなバカモノ、と、いうか、リアルに「世間知らず」なだけだろがコノボケナス

 

ロックミュージシャンに共感していたつもりだったおれは、ロックミュージシャンのつらさの1%もわかっていなかったのだ。

 

なんだ

 

 

これっておれ

 

 

 

ひょっとすると

 

 

 

 

おれ、なんか、ただの、「オナニーマシン」じゃん…

 

 

 

 

つーわけで、友達ができたわけじゃないけど、そのことに気づきまして。

「これ、なかなかヤバイんでねーの?」っつーわけでして、せめて今の仕事くらい、まっとうにこなせるようになろうと、今日決心したわけであります。

 

土日ではなく戦いは平日からはじまっているんだ!ってことにも薄々きづきまして。

これはオナっている場合ではないぞ、と。

 

 

 

 

なんだろ、これ。

 

 

気づけたからまあ、許すけど…。許す?ん?なにを…?

 

 

いやーーーーーー、誰も教えてはくれない

 

 

なんちゅー国じゃ、にっぽん。

 

 

学校が修了したって、つねにレースが行われていたなんて

 

きいてないぞ

 

 

んでそんなわけで

 

 

ただいま絶賛脱線中。

わーいわーい

 

 

 

 

 

 

 

 

なんんんんんんも

 

 

 

 

 

楽しくない

 

 

 

 

 

 

たのしくねえよ

 

 

 

 

 

 

ぼっちにメリットがないどころか

 

 

 

 

 

まだ見ぬ地獄が待ち受けている、って……

 

 

 

 

 

 

 

腐っちまえ

 

だれだこんな残酷なシナリオ書いたやつ…

 

 

 

神様とかいるわけねえよ…

 

 

いたら相当性格も顔も歪んでて正視にたえない顔してやがんなこんちくしょーおぼえてろよ、天国であったら膝かっくんしてやっからな 

 

 

 

 

 

あーなんつーか

 

 

はあ