読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

救いようがない

あのときもし

やめてなかったら



って考える





比べてしまう



だけど

このいまここにある過ごしてきた後悔だらけの四年間


あのまま、なんの疑いもなく毎日を過ごして積み重なった四年間




比較してあのときの行動を悔やむ、というよりは

自分の幼稚さありきの当時の選択だったわけで

それを修正するにはこの四年間で本を読んだり誰かのブログを読んだり好きなバンドの詩を読んだりして
考えたり落ち込んだりして学んだ末の無駄な期間が結局は必要だったんだ



どちらも欠けちゃいけない経験なんだ

自分、の場合。

その両方の四年間を経験してはじめて
大学にまっとうに過ごし、まっとうに就活をし、まっとうな社会人になるべきだったのだ


なにがしあわせなのか

それをうすうすわかりはじめたような気がしてる



でも自分は馬鹿だから結局、八年間(4+4)ないとそれを学べなかったわけで


いま単純に後悔してるのは歳をとったからであって
仮に四年前に戻っても
あの頃の知能のままのおれに戻ったなら
まったくの無意味なんです


仮にもしあのままの人生を歩んでいたら
社会の歯車に自らすすんでなるような

わけのわからぬ不安とか説明できないむなしさにヤられて
命まで絶つような末路が待っていたかもしれないとも思うわけです






っていうのをつい最近になって思いはじめた


おれは幼稚だ


根っからの馬鹿だ



卑下してるわけじゃなくて
これは根拠のある事実として、馬鹿だ





どこまでいっても

正しくなんてあれない


だってこれだけ情報の錯綜している時代に
なにが正しくて間違ってるかなんてわかるはずがないもの



主張がひとつちがえば

敵になるのですか

ひとつ人間らしい卑怯をはたらけば

嫌いになるのですか





おれは間違い続ける



どうやらおれはその言い訳を聞いてほしいだけみたい