読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

明日、雨だってよ

身体に毒ならすすんで受け入れよう

寿命が減るのはうれしい


生きがいなんてないから


早く終われるならそれで



僕は暗がりで唾を吐く卑劣な人間

明日を呪って生きている


失敗が続くと

もうそろそろかな なんて考えたり




死ぬことに恐れはないと

一分前の自分は思ってた


どうして未練があるんだろう


死ぬことが必ずしも終わりを意味するわけじゃない と

どこかで地獄の存在に怯えているのだと思う



神の問い


お前は天国に相応しい人間か





どうしてこんなに

生前は平気で嘘をつけていたのに


心じゃ嘘はつけなくなるんだろう


人間と嘘は ふたつでひとつ


嘘のない人間は 人間じゃない


それくらい人間と嘘は密接な関係にあると僕は思う



それなのに


死んでしまった人間に、嘘はつけなくなるらしい




吐き気がする

つか吐く

当然だ

こんな陰気な気持ちでいたら誰だって気分は悪くなる


もうぐちゃぐちゃに絡み合って

解くとかそういう次元じゃないとこまできてる



死のうと思いたつ間隔が短くなってる



死んだら君は悲しんでくれるだろうか

素直な気持ちのまま泣いてくれるだろうか

だけどその涙は一週間で止まってしまうだろうな


そんなふうに
あなたをどうしたら振り向かせられるのか

どうしたらあなたの心にひっかかる何かになれるのか


考えることといえば
そんなことで

結局おれは
人の心の中に生きていたいという
いつもなら侮蔑するはずの慣れ合いに価値を見出してるわけだ


皮肉


また明日から極限まで自分を押し殺す場所に赴く

持つかな