teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

この街で

忘れられない思い出だけ残して 君は消えていった 忘れられないうただけ残して 君は去っていった 君は弱いと言ってたけれど 僕に言わせてみれば狡猾で強かだよ それさえもきっと 悟ったような微笑みを浮かべて 黙って頷いてしまうんだろう いい気なもんだよな…

何気なくついた意味のない嘘 お菓子についてたおもちゃのオマケ 思い出してなんだか 目くじらを立てなくなってきたのは 愛とかそんなんじゃない 苦労や愛や憎たらしいほど憎めない人間の性が 普遍的な人類の営みであるというのなら 僕はただ佇み 傍観し 巻き…

キューサイの甘汁

見たものだけで万事オッケー 信じるものはおまえの中に あるがままに生きなさい その意味しみじみ 「もっと勉強してから言え」 知らない自分が自分で悪いか 世間知らずはハナから考えないさ わからないままでいーよ 知らぬが仏のパラダイス いっさいがっさい…

当てつけ

君がいうならどうでもよくて 正しいかどうかは 問題じゃないのさ ああ僕は 君を好きだったんだな 「愛してるとまでは言えない」 そんな俺を わかってるけどわかりたくない君は嘆いてたんだな 少しはこの仕打ちの意味もわかりはじめた頃 ますますわからないよ…

環状線

左半分の顔で わかったような気になる生き物 手近な理屈で間に合わせた真実みたいな嘘を その汚ない手で大事そうに 眠ったままの脳で見る極彩色のポスター その実白黒でさえ認めていないんだろう 充てがわれたライフプラン からくりも知らず幸福も知らず今日…

un jun known

些細なことで壊されていく夢が現実だと 君の寝息が告げる それでも僕はいま 誰かが味わった幸福の蜜を 静かに啜っている 永遠に賭けてしまいたくなる気持ちも わからなくもない 君を抱いた 君に触れた ほんの数秒前のこと その温もりを僕は うまく思い出せな…

七色

youtu.be 君はどうして 悲しい目をしているの 少し侘しい 街に溶けてく君の姿 見慣れた景色も すぐに好きになれそうさ だけどどうして こんなに虚しくなるの 「意味を求めて生きること」に 意味なんか ありはしないだろう? ぼんやり見えた 七色の未来 「独…

もぐら

もぐら 大衆に身を投げ心を売り飛ばし主観を偲ばせ塗りつぶした個性これだけやって手に入るのはなけなしの金 すし詰め電車病院の待ち合い室もこんなんならん こわい顔した知らん顔のやつが知らんやつと会って相好を崩す 仕事も生活も穴ぐらみてえ死ぬよりほ…

みらい

君のことがこんなにすきなのに 僕のことが君もすきなのに けっこんしてる二人の姿は まったく思い描けなくて 代わりに 自然と浮かんできたのは 今より 大人になった君が どこかのマンションの一室の 玄関の前に立っていて 少し曇った表情の君が 鍵を開けて、…