teresuwatebesu's blog

ときどき宇宙のことを考えるといいらしい

独自考察備忘録

書き留め

自分が上手くやれないこと、苦手なことに直面したとき、そんな自分に初めて会ったかのような驚きとか落胆とかいった決まった反応をするよね、おれって。 でもそれは単に問題が眼前にないときには目をそらしているだけであって、能力のあるなしじゃない問題だ…

何気なくついた意味のない嘘 お菓子についてたおもちゃのオマケ 思い出してなんだか 目くじらを立てなくなってきたのは 愛とかそんなんじゃない 苦労や愛や憎たらしいほど憎めない人間の性が 普遍的な人類の営みであるというのなら 僕はただ佇み 傍観し 巻き…

恋というのは厄介なものだ。 もっとわかりやすい言葉でいうなら、恋=男女間の駆け引きのことだ。 本当に相手を自分のものにしたいと思ったら、戦略なしにはとうてい勝ち取れない。 それはいくら初めは向こうから好意を寄せてくれていたとしても、だ。 こち…

思うこと

顔の優劣を前面に押し出した番組を見ているときの姉が、決まってブスの肩を持つのは弟としてつらいものがある。 自殺予防が叫ばれている時期に、こうした差別を助長する番組を放送するなんてさすがとしかいいようがない。 マスコメディアンめ。 テレビに出演…

宿屋めぐり

宿屋めぐり、読了。 魂の救済、生きやすさの提供。 「告白」が傷の舐め合い、慰め、だとすると、「宿屋めぐり」はその先へ進むための励まし、救済だと思った。 (前略)けれども、記憶、君の言い方で言う魂が少しでも違っていれば、君の行いは変わるかも知れ…

消えたPコート

sate,さて、前々回のブログの続き。 どこまで書いたか覚えてないな 読み返してくる。 なるほど、 一人暮らしのための手近なステップアップ目標を書こうとしていたわけだ。 そして現状クリアできているのか。 ・12時までに布団にはいって目を閉じること …明日…

1/365

彼ら、彼女らの口から語られる手段や理由がいかに稚拙であろうと、 その奥底にある漠然とした淋しさや不安は 誰しもが抱えており、誰しもがいつか目の当たりにする闇である ただ感動の涙を流したいという女の子と 心を震わせてくれる映画に出会うことを期待…

デルクイ

先週の土曜日のこと。 その週は、苛立つことがいっぱいあった。 だけどそのどれもが、いまにして思うと、くだらないことだったり、悪いほうに考えすぎて、自分から招き入れた結果だったのかなあと思うことだったり、それは仕方ないよ、どう考えても相手がと…

わたしは、ダニエル・ブレイク

いつもの目薬をもらおうと私は行きつけの眼科に向かうため朝も早くから準備をして、そのためだけに外出をした。にもかかわらず、眼科は医師会とやらで休み。なんのためにバス賃まで支払って出てきたと思っているのだ。と溢しても閉まっているものは閉まって…

ボクにはそれだけ

「どうせもう死んでるじゃん」と考えることで、自分はハナから終わってるものとして、自分の存在を肯定して生きるようにしてます それなのに性懲りもなく過信して、死んでること忘れて、同じ過ちを繰り返す馬鹿者なので、ここに明言しておく。 おまえはもう…

気付いたこと

「すぐに死ぬ」という覚悟があれば、人生で重要な決断をするときに、大きな自信となります。 https://youtu.be/RWsFs6yTiGQ 最近たまたま若くして亡くなった天才棋士のノンフィクション小説読んだのと重なって気付いたんやけど この「死ぬ」っていう実感を持…

終着

やっと、ようやく、映画や小説や漫画やアニメや音楽を、見たり聞いたりしてきたことの意味が、あったと言える口実ができた。 はじめはそんなことを考える人間ではなかった。 太宰やカートヴォネガットJr.が好きだと言っていた当時の友人に、色々な人間の醜さ…

ミスティックリバー

今日はすごい映画を見た。 ミスティックリバーってやつ。 視聴する前にアマゾンレビューをちらと見たときに、たしか「筋は読めてしまうが~」と書かれていたような気がしたけど、おれは全然読めなかった。読めなかったというか、読んでたけど違った。 しかも…

凪をめざして

パソコンでブログ書くのはじめてだな、まさか自分がタイピングしてるとは一年前では考えられなかった。 せっかくパソコンからログインしたので、ちょっとデザインとアイコンを変更…。 もうここ開設してから何年にもなるのにいまだにアクセス数が二千百いくつ…

アイ、マイ、ミー、マイン

死活問題であったはずの悩みごとからすこしでも時間が経ったりすこしでも離れたりしたら たしかにそのときには感じてたはずの苦しみは薄れ、忘れ、色をつけたりなんかする これはなんでだろう ああそうか自分はまだ生活の苦労を知らないからだ 大きな税金を…